スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしいご報告

2010/8/5

新しい飼い主さんを募集していたブルテリアレスキューの「ごんぞう君」も飼い主さんが決定いたしました。

一時預かりをして下さっていた方がそのまま飼って下さることになりました。

良かったね。ごんぞう君

cimg3075a1.jpg

パティも幸せいっぱい♪

2010/7/27

ご報告が遅くなってしまいましたが、パティも名前をジョイアと改め新しい生活をスタートしています。

ラスと一緒に北九州よりやってきたジョイアちゃんですが、預かりを引き受けて下さった美香さんに大切に保護され、きちんとしつけもしていただき、新しいお家も見つけていただきました。

本当にうれしそうで、この上ない笑顔で、お部屋の中でご家族とまったりと過ごしたり、広い原っぱを思いっきり走り回ったりと毎日楽しく過ごしている様子がブログに載っています。

http://blogs.yahoo.co.jp/misuo823/MYBLOG/yblog.html

新しいお家探しています。

2010/7/8

東京都内に在住する私のお友達のご近所の方なんですが、病気になってしまいました。

保護犬を引き取ったりして、3匹の犬を飼っていましたが、お世話が大変なことから1匹を手放すことを決めました。

2匹はこのお家での生活も長く、しつけなどいろんな面において慣れているうえ、年齢も高いので、御親戚の方がお手伝いしながらこのまま最後までお世話をするようです。

今回手放すことになった犬は、メスのシェルティで1月17日生まれという子犬であるため、これからしつけをしなければいけないので、きちんと対応できる方を探しています。

100706_112939.jpg

保護団体などは一切拘わっておりませんので、どなたか譲渡を希望される方がおりましたら、このブログの右側に「プロフィール」があります。その一番上に「メール送信」がありますので、直接メールを頂ければ、詳細をお伝え致しますのでご連絡ください。

おめでとうラス

2010/7/6

北九州から遥々東京へやってきたラスティは、新しいお家を見つけることができました。

東京に来てから数か所に乳腺腫瘍があることがわかり、大きな手術となり、術後の経過を観察しながら獣医さんのOKが出るまで、1ヶ月程我が家で過ごしました。

その後傷の状態も良くなってきたので、保護を申し出てくださった ひとつぼ@かりん さんのお家へ行きました。

表情がなく自己主張することもなかっのに、ここでは愛情いっぱいにかわいがっていただいた結果、だんだんと笑顔が出ていろいろと問いかけてくるようになったようです。

1ヶ月ほど保護していただきましたが、その間に「心が通い合うと感じるようになった。」とおっしゃっていました。また、不安そうに「ここにずっといていいの?」というような表情で見つめられることもあるようです。

再度新しいお家に移動することは、このような不安な気持ちにさせることになり、ラスもつらいでしょうが、ご自身もつらいことから引き取りを申し出てくだいました。

2週間のトライアルも終了し、今では新しいお家の生活のリズムにも慣れ、自然が豊かなコースのお散歩で、お散歩の楽しさを知り、お友達も少しずつでき、人に寄り添い甘えることを知りました。

これからは、 ラスちゃんというお名前で生活していきますのでよろしくお願いします。

みなさまのご協力のおかげで、幸せな生活を掴むことができました。

ありがとうございます。

お礼とお願い

2010/5/11

3月下旬から始まった北九州のレスキュー活動ですが、たくさんの方々のご協力やご支援で預かりさん宅で保護するところまできました。

現場へ出向きお手伝いや情報収集をしたり、東京へ空輸で送り出してくださったかつおママ&パパさん

羽田から搬送してくださったカバさんとご子息さま

陸送の手配や準備などをしてくださったぶーかあさん

物資のご寄付やご支援くださったちゃんぷパパさん、ぶっちママさん、ポムコママさん

陰で応援してくださったたくさんの方々

一時預かりを申し出てくださった美香さんmisawoさん

いつもご協力してくださるみき先生院長先生スタッフのみなさま

この場を借りてみなさまにお礼申し上げます。


レスキュー活動はこれで終わりではなく、今度は最終飼い主さんをみつけなければいけません。2匹ともブルテリアにありがちな犬に対して喧嘩を売るということもなく、人に対しても甘え上手で懐きやすいタイプです。

この子達をもっと知りたいという方は、今後の2匹の様子は パティ改めジョイアは、http://blogs.yahoo.co.jp/mikamikamika0327

ラスティは、http://blog2.hitotsubo-zakka.com/に掲載されますので、こちらをご覧ください。

譲渡ご希望の方はブルテリアレスキューまでご連絡ください。http://www.bullterrier-rescue.com/

この2匹を含め、ブルテリアレスキューには7匹の保護犬が預かりさん宅で新しいご家族を待っています。


ごんぞう君http://sukisukivanko.a-thera.jp/article/2011285.html#comment

生年月日 2005.4.22 去勢済みのオス 体重19.5キロ 健康状態良好

臆病なところがあります。しっかりと主従関係のとれる飼い主さんのみでお願いします。

cimg3075a1.jpg


オリーブちゃんhttp://coccokuro.exblog.jp/

6歳のメス(避妊済み)のミニチュアブルテリア 健康状態:フィラリア陰性、血液検査の結果は良好、アレルギーあり

f0134693_13295558.jpg

生年月日 2007年9月9日生性別 ♂

人が大好きで、ちぎれんばかりに尻尾を 振って遊びに誘いますが、人に対してもうなるような時があります。犬に対しては 苦手な犬と、好きな犬がいて、自分より小さい犬に攻撃的になることがあります。多頭飼いは不可です。右前肢の パッドの一部が変形 しています。アレ ルギー症状は特にありません 。

2008-14-1.jpg

ミクロンと笑太はこのブログをご覧ください。


みんなブルテリアレスキュースタッフのご家庭で、一般の家庭犬として保護生活を送っています。保護中は、各ご家庭ができる範囲で負担したり、医療費も獣医さんのご理解を求めご協力いただいたりしています。今回の北九州からのレスキューもできるだけ経費がかからないように努力いたしましたが、レスキュー基金が赤字となってしまいました。新しいご家族が決まるまで安心して暮らせるように、どうかみなさまのご協力をお願いいたします。

ブルテリアレスキュー基金

郵便振替口座 01310-0-68530
名義:ブルテリアレスキュー

保護宅へ行きました。

2010/5/11

ラスティも預かりさんのお宅へ行きました。

Image045-1-1.jpg

ラスティを預かってくださる方が遠くら我が家までお迎えに来てくださいました。

3匹でバス停までお出迎えし、シッポフリフリで大歓迎!ミクロンはお尻までフリフリ

早速そのままいつものお散歩コースへ、いつもと違うのはラスティは預かりさんとお散歩です。最初は興奮してリードを引っ張っていたけど、途中から上手にできました

Image114-1.jpg Image117-1-1.jpg

ラスティえらいね

預かりさんとは8年くらい前にポチタマ撮影会で、駒沢公園にブルテリアが集まった時に一度お会いしただけですが、こんな再開もあるんですね。共通の犬仲間もいてびっくりしました。

パティは一足先に仙台の預かりさん宅で「ジョイア」というお名前で保護生活をスタートしていますが、ラスティも乳腺腫瘍の大手術を乗り越えやっと預かりさん宅での保護生活をスタートしました。

退院直後は、傷は生々しくモモなどの下半身は3倍くらいにまでむくんでいましたが、今はすっきりとしています。体重は18kgでしたが21kgになり、少しむっちりとし、元気にお迎えの車に乗って行きました。

人間との生活の仕方などたくさん覚えてね。そして人間の優しさやぬくもりも

手作りのかわいいおみやげも頂きました。

左上がミクロン 右上が笑太 下が蘭 なんて解説がなくてもわかりますね。それぞれの特徴をとらえたこの作品なんと縦2cm程なんです!

通院終了

2010/5/1

今日、動物病院に行ってきました。順調に回復していて、「もう大丈夫!」と言われ最後の診察となりました。

お腹に少し溜まっていた水、腫れや浮腫みもなくなり、傷も乾いてきています。傷が盛り上がっていますが、これも段々と平らになっていくので、ご安心ください。

傷が心配なので、あまりはしゃぐようなことはしないようにしきましたが、今日は追いかけっこなどをしてみました。ちょっと控えめな性格のラスティですが、やはりブルテリア!興奮するとクルクル回りだしました。でも、筋肉がないためか、途中でこけてしまいました。

早いですね。我が家に来て1ヶ月が経とうとしています。

仲良くみんなでお散歩

2010/5/1

やっとお天気になり、お散歩へも行けるようになってきたので、最近は3匹一緒に行っています。

Image094-1.jpg

あっちこっちにフラフラしていたラスティは、今はだいぶ上手に一緒に歩けるようになりました。

Image095-1.jpg

お出かけ前は、私が靴をはき準備ができるまで、玄関で待たされます。おすわりもできなかったけど、今はおすわりして待てるようになってきています。

Image093-1.jpg

手術後でしたので、20分程度のお散歩や、雨続きでお散歩に行けず、毎日たくさん食べて寝てばかりいたので18kgだった体重が順調に増えて21kgになりました。ちょっとメタボちっくになってしまったので、これから筋肉に変えなくっちゃ!

Image091-1-1.jpg

ミクロンと並ぶとこんなに大きさが違う!

Image099-1.jpg

だれもいない公園でちょっと好きなようにクンクンタイム。

Image101-1.jpg

「さーおいでー!」道路で離れて呼んで、運動会。呼ぶと一斉に来てくれる、そしてみんなで抱擁!私最大の喜びの瞬間 ♪

Image108-1.jpg

傷もきれいになって、皮膚の赤みも取れてきました。

Image107.jpg

お花の前で3匹そろって「はいポーズ」というより、「はいドスコイ!」お花が綺麗に咲いていたのですが・・・

退院後の経過

2010/4/25

何かとバタバタしていて、ご報告が遅くなりましたが、退院後の様子をお知らせ致します。ラスティちゃんは退院後どうしているのだろうとご心配している方もおられるでしょうが、14日の退院後、お天気の良い日は日向ぼっこをしたり、

Image078-1.jpg

お散歩に行ったりと、大きな手術の傷があるにしては食欲も旺盛で、元気に毎日過ごしています。

Image079-1-1.jpg

でも、20日の再診まではちょっとドキドキの毎日でした。というのは退院初日にテーピングを少し食べてしまい、その後も日を追う毎に少しずつ、見るたびにテーピングエリアが減っている!

痩せていたので、ごはんをたくさん食べて太りはじめていたのと、水が溜まってきたのとで、テーピングが苦しかったのかもしれませんが、何とか持ちこたえて20日の再診に行ってきました。

エコーで見た結果溜まっている水を抜くことになり、200ccぐらい抜いたようです。抜糸は一針おきにして、テーピングはしなくてよくなりました。

再度24日に傷の経過を診察していただきましたが、水は溜まっているものの今回は抜かなくてもよく、全ての抜糸をしてきました。

これで預かりさんのお宅に行けるかと思ったのですが、皮膚の表面の炎症がひどく、広範囲に赤くなってしまっているのと、水の溜まり方が今後どうなるか心配なので1週間後にもう1度診察ということになり、もう1週間我が家にご滞在となります。

要求吠えもなく、食事中に触っても唸ることもなく、爪を切っても何をしても平気ですが、一番の悩みはトイレのしつけです。 排泄のためにベランダに出すのですが、いくら待ってもしないので、ハウスに入れて10分後に見に行くと両方してある!

少しずつ外でするようになってきていますが、外出から戻って来たときの失敗は当然で、1日家にいてもこんなことが毎日、1日に何度も繰り返されています。

臭くてたまらいので、獣医さんの許可を得て昨日はシャンプーしました。クレーとも丸洗いです。

今日はお天気が良かったので、昼間はベランダで日向ぼっこして、夕方にハウスに入ったので、外で排泄してくれたのはいいのですが、気付かないでいると踏んでしまう!

Image081-1-1.jpg

ついでに私のスニーカーのひもが短くなってました!

夕食をハウスの中で与え、食後に排泄に出そうと食べ終わるのを待ち構えていたのですが、何と食べ終わるか終わらないかの瞬間に ジョーーー という音が・・・

ハウスの中ですることが当たり前で、まして、出してもらえるまで我慢するなんて考えは全くないようです。 かわいそうだけど、現行犯できつく叱りました。

預かりさんのお宅に行くまでに、術後のケアと排泄のしつけが少しでも楽になるようにしたいと思っています。

お引越しが当初の日程から何度も延び延びになってますが、預かりさんは快く「良くなるまで待ちます」と言ってくださり、感謝しています。

ラスティ退院

2010/4/19

昨日、ラスティちゃん退院致しました。

Image044-1.jpg

健康診断の結果は、フィラリア陰性、歯槽膿漏、乳腺腫瘍がありました。

歯槽膿漏は、膿が溜まっているところがあったので、治療してくださいました。

乳腺腫瘍は、一番下のお乳両方にありましたので、摘出手術をおこないました。

病理検査の結果うれしいことに良性でした

腫瘍部分を大きく取り除いたため、傷が大きくなり入院期間が長くなりましたが、食欲もありとても元気にしています。

傷の消毒などで、あと2回病院へ通うので、預かりさんのお宅に行けるのは、もう少し先になってしまいます。

Image074-1.jpg

入院中こともあろうに、点滴を食べてしまい先生方を心配させてしまいました

胃の中にはすでに小さな針金も入っていたそうです。庭に出した時には見ていたつもりでしたが・・・

でも、全部排泄されたのを病院で確認済みです

家に着いてクレートの中で、「ビリビリ」って音がしたのであわてて覗くと、傷をテーピングしていたのですが、その一部を「クチャクチャ」噛んでいたので、思わず大声で「こら~」

相当びっくりしたようで、テーピングの切れ端を側に置いても全く興味を示しません


おちゃわんも以前壊しましたからね! おてんば娘のようでちょっと先が思いやられます

病院で「気おつけてください!」といわれたので、エリザベスカラーをつけましょうか?と言ったら、入院中にすでにバリバリに壊してしまい全く役に立たなかったと・・・

傷が少し出てしまったので、大きなガーゼを巻きつけましたが、いまのところそれはかじっていません。

森の都仙台へ

2010/4/17

パティちゃんは昨日東京を離れ、預かりさんの住む森の都仙台へ向けて出発しました。

20℃を超える暑い日があったり、真冬並みの寒い日があったりと天候が安定しない中の日程調整で、不運にも雪の降る寒い日の移動となってしまいました。

クレートの中には、タオルとペットシーツを敷いた上に新聞を敷き、またその上に裂いた新聞をたっぷり敷きました。

クレートの側面には、ちゃんぷぱぱさんにもらったフードやお洋服そしてお薬を箱に入れて、ガムテープでくっつけて行きました。

今にして思えば、側面全部ダンボールでふさいであげればよかったかな~と・・・

寒かったでしょうね

天候が悪い中の移動でしたが、事故に遭うこともなく無事に到着しました。

その第一報をもらったのは、何ともドジな私が招いた、

「こちらにわんちゃん届いているのですが、伝票に書いてある電話番号にお電話してもつながりません。連絡がとれないのですが・・・」

という伝票の記入ミスによる運送会社からの問い合わせのお電話でした

何はともあれ、無事に着いて一安心!

その後、美香さんからも元気に到着したお知らせを頂ました。

長時間クレートの中にいることになるので、我慢しきれなくなって・・・

まみれてご到着では、朝から大変だろうな~ 

と一番の心配でしたが、汚れることなく無事に元気に到着し、フェリーチェ君とも仲良くしているとのことで、本当によかった!よかった!


これからの保護期間の様子は、美香さんのブログに掲載されることと思います。美香さんのブログは楽しい内容ですので、是非ご覧になってください。

パティちゃん退院

2010/4/15

本日、パティちゃんは避妊手術を終え、無事に退院できました。

Image069.jpg

健康診断の結果は、軽度のアレルギーとフィラリア陽性、耳ダニでした。

病院では先生方やスタッフのみなさんに愛嬌を振りまいていたようで、「おりこうさんで、かわいかったですよ~」なんて言われながら帰ってきました。

お夕飯の中には化膿止めのお薬を入れましたが、きれいに全部食べて食欲もあり、元気にしています。

明後日は、預かりさんのお家に向けて出発です。

パティ&ラスティ5

2010/4/8

今日は、保護犬や我が家の蘭もお世話になっている動物病院へ連れて行きました。

いつも担当してくださる先生は2匹を見るなり「かわい~」先生もブルテリアの大フアン

ご実家ではブルテリアレスキューからのレスキュー犬を家族の一員に迎えてます。

そのこは12歳になるそうですが元気にしているようです。

パティとラスティの2匹の様子ですが、待合室にはすでに2~3匹の小型犬がいました。

みんなお行儀よくお膝の上にいました。

ここで暴れられたら・・・と思っていたら、ちょっと行きたがったり動き回ったりするものの、吠えることもなくお行儀よくしてくれました。

Image049-1-1.jpg

診察室から2匹そろってちょっと覗いてます。何か見つけた?

Image046-1.jpg

14日退院予定です。

ポムコさんのお家からフードがたくさん届きました。ありがとうございます。


14日退院予定です。


ポムコさんのお家からフードがたくさん届きました。ありがとうございます

パティ&ラスティ4

2010/4/7

お天気がよければ今日もお散歩に連れて行き、たるんだお肉を引き締めてあげたかったのですが、雨で行かれなかったので、パティはお耳の掃除と爪切りをしました

とてもいい子にしていましたよ~

ラスティは、外で追いかけっこ

昨日はパティは遊んでくれましたが、ラスティはあまり乗り気でなく、返って怖がられしまいました

でも今日は遊んでくれました

パティに比べるとちょっと消極的なラスティですが、3歳という若さもあって、飛びつくし体を丸めて1ヵ所でクルクルと回る姿は、正にブルテリア

そして、やっと庭で排泄することもできました

5歳のパティはラスティに比べると落ち着いていますが、好奇心旺盛

2匹とも今はまだまだ、自分の置かれている環境がどんなとこなのか

私のこと自分にとってどんな存在なのか

これから自分たちはどうなるのか

などを、自分なりに探ったり理解しようと努力しているようです。

どんな場所であろうと、住み慣れた場所を離れたのですから、ストレスにとなっていることでしょう。

飛行機や長距離ドライブもストレスとなったことでしょう。

九州からこちらに着いたらその日のうちに病院へと思っていましたが、ワンクッションおいて良かったかな、って思っています。

明日から病院で健康診断を受けます。健康状態が良ければ避妊手術をすることになります。

どうか健康でありますように


今日、ぶっちママさんからフードが届きました。感謝感謝で、ありがとうございます。



ドル君の新しいご家族または一時保護先を募集しておりますので、よろしくお願い致します。

CAZG4B2B-1.jpg


ブルテリアレスキューではこの他に7匹のブルテリアが新しいご家族を待っています。

パティ&ラスティ3

2010/4/7

今日も元気に少し大目のごはんをペロリとたいらげました。

Image036-1.jpg Image037-1.jpg

食事の後は日中笑太君が過ごしているエリアで朝のお勤めに出しました!
2匹は仲良し、でもいつもパティがラスティの臭いをかいで、ラスティはパティをあまり気にしない。

Image029-1-1.jpg Image034-1.jpg

笑太君の巣穴発見!興味津々!
パティの方が冒険家でラスティはちょっと控え目ってことで、笑太の巣穴に入っちゃいました! 

Image032-1.jpg Image033-1.jpg

パティはお散歩中などお外で排泄できますが、ラスティはハウスの中でしかしない!ちょっと困りものです。

Image035-1.jpg

お散歩もラスティは止まりがち、これって何?って感じの歩き方。

Image039-1.jpg

パティちゃん体重19.5kg 体高44cm 体長50cm

ラスティちゃん体重18kg  体高44cm 体調50cm

見た目ではラスティちゃんの方が痩せていたので、体重差がもっとあるかと思いましたが、あまり違いがありませんでした。

環境の変化で食欲や体調を崩すかと思っていましたが、2匹とも元気で順調です。

パティ&ラスティ2

2010/4/6

無事に到着した日は安堵感で急に眠くなってしまったので、そのまま寝てしまいました。

明けて翌日は朝から2匹をシャンプーしました。

2匹ともシャワーをかけると少し逃げるけど、とてもおとなしくいいこでした。

シャンプー後、まずパティちゃんにごはんをあげ他のことをしていたら、「ガリガリ カラカラ」と何かをかじり転がす音がするので見ると、おちゃわんで遊びはじめていたのであわてて下げラスティちゃんにごはんをあげました。

ラスティちゃんが食べている間にミクロンをシャンプーしてラスティちゃんのおちゃわんを下げに行くと、

Image040-1.jpg

時すでに遅し・・・   おとなしくてもやっぱりブルテリアね。

ごはんをたっぷり食べて、排泄を済ませると寝てしまいました。

笑太が吠えても、昼間ほとんど吠えることなく過ごしていました。

雨で昼間はお散歩に行けなかったので、夜の晴れ間に2匹を連れて行ってきました。

多少好き勝手に行こうとしますが、自然になんとなく左にパティちゃん右にラスティちゃんという体制になり、何事もなく30分ほどのお散歩を済ませました。

この日の夜はパティは1回も吠えることなく寝てました。

パティ&ラスティ東京到着まで

2010/4/6

パティとラスティのお部屋を準備

Image028-1-1.jpg

ケージの上にある物は、ちゃんぷパパさんからの贈り物です。すぐにでも2匹が一緒にお散歩できるように首輪やリード、マナーポーチなどが入ってました。フードやタオルも、ありがとうございます。

九州ではかつおママ&パパさんが2匹を空港に連れて行ってくださいました。

CAXR5TEN九1-1

かつおママさんはレスキュー現場での作業をお手伝いしてくださったり、ブルテリア1匹ずつの写真撮影をして提供してくださいました。

CA2SL5R8九4-1

犬を見るとガウガウしちゃうかつお君ですが、パティとラスティにはなぜか平気でクンクンごあいさつ!かつお君もブルテリアレスキュー出身なので、応援してくれているようです。

CAB3XX5G九8-1

20:30の飛行機に乗るための搭乗手続きです。

CA72CQ29九12-1

日もとっぷり暮れ10時頃羽田に到着。今度はカバさん号で我が家に向けて出発です。

CADPH2PJ-1.jpg

予定通り12時近く我が家に無事到着です。「ここはどこ!」とちょっと不安げな表情のラスティとパティ。

CAU2COTX-1.jpg CAVUB28A-1.jpg
生まれ故郷の九州を離れ、長い道中酔うこともなく元気に到着です。

繁殖犬として過ごした日々を終え、家庭犬としての幸せを掴むための第一歩を踏み出したパティとラスティをこれからも応援よろしくお願い致します。

直方市レスキュー犬2

2010/4/2

パティちゃんとラスティちゃんは、一時保護を申し出てくださった方がおりますので、4日(日)に飛行機で東京に来ることが決まりました。

九州で健康診断や不妊手術を済ませようかと思っていましたが、手術をすると10日前後飛行機に乗せられなくなり、その期間の入院費がかかってしまうので、東京でおこなうことにしました。

2匹とも同じ病院に8日から入院し、健康状態を確認したうえで手術となります。入院日までは我が家で過ごすことになりました。

退院後は、それぞれの一時保護宅にて新しいご家族を待つことになります。

ドル君ですが、九州内で一時保護先が決まっていましたが、事情によりそこへは行けなくなりました。ドル君の一時保護先または譲渡先を募集していますので、どうぞよろしくお願い致します。


ブルテリアレスキューには現在、7匹のブルテリアが保護生活を送っています。

http://www.bullterrier-rescue.com/



★現在ご家庭でご不要な物品がありましたらご支援下さい。

  リード カラー トイレLサイズ フードなど

  (20kg程のスタンダードブルテリアが使います。)

  申し訳ありませんが送料はご負担ください。


★支援金ご寄付をよろしくお願い致します。

  空輸  健康診断 去勢 避妊などの経費がかさみます。

  ブルテリアレスキュー基金

  郵便振替口座  01310-0-68530

  名義  ブルテリアレスキュー


★詳しくは 

  携帯電話 SoftBank 090-3420-8274

  メール nrj50770@nifty.com

  牧野までご連絡をよろしくお願い致します。


現在ブルテリアレスキューの代表が多忙のため、かつおママさんパパさんに現地でサポートしていただき、カバさん、ぶー母さんと共に活動しています。

力不足ではありますが、みなさまのお力をお貸しください。

直方市レスキュー犬新着情報

2010/3/23

前回ご報告のようにブルテリアは6匹いました。それぞれの詳細が届きましたので、ご報告いたします。

テリー君は攻撃性が強いためUKC JAPAN指導のもと現飼い主が責任をもって飼育することになりました。そのため譲渡対象外となります。

CAOU82DJ-1.jpg

2匹の仔犬は現地にてUKC JAPANより仔犬の時期からきちんとしつけのできる方へ直接譲渡となりました。

CAEEDJ1M-1.jpg CA6PM0J7-1.jpg

残った3匹の成犬については、まだ行き先が決まっていませんので、新しいご家族候補や一時預かり先を募集しています。

ドル君は、バリケンやケージに入れると吠えます。現地では作業のため、人や犬が絶えず行き来していたので、その間ずっと吠えていたようです。写真撮影のために出すと、嬉しそうにお散歩をして、人に付いて歩くことも少しだけできるようです。顔の傷はバリケンなどにぶつけてできてしまったようです。

CAS1LRQC-1.jpg

CANHAZB2-1.jpg CAZG4B2B-1.jpg

パティちゃんは、外で日向ぼっこ状態でいたようですが、人が近づくとケージの中で前足を上げて吠えますが、威嚇ではなくかまって欲しくて甘えているようです。顔を触っても抱き上げても唸ることなどは全くなく、比較的扱いやすいタイプのようです。

CA8KG7XW-1.jpg

CA2JO6FK-1.jpg CARV5MF1-1.jpg

ラスティちゃんは、抱き上げても、フェンス越しに他の犬に接しても唸ることも吠えることもなく、扱いやすいタイプのようです。

CAI8L7CY-1.jpg

CAUEUDN6-1.jpg CASMJPYJ-1.jpg

3匹とも大きさは小さめのスタンダードになります。体重測定はしていませんが、ほぼ20kg前後のようです。見た目には健康状態は良好です。

私は遠いので何のお手伝いもできませんでしたが、お忙しい中かつおママさんが現地に行って大変なお掃除からそれぞれの犬の写真撮影までおこなってくださいました。また、写真撮影中などの時に犬に接して詳細をご報告くださいました。

かつおママさんありがとうございます。そしてお疲れ様でした。まだ作業が残っていますので、もうしばらくお世話になりますので、無理のない範囲でどうぞよろしくお願い致します。


ブルテリアレスキューでは、全ての犬の健康診断をおこなってから譲渡をおこなってきました。今回もその医療費が必要となりますので、ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちらのアドレスか携帯番号までご連絡ください。 aliiopu@yahoo.co.jp

090-6431-3030

ご協力ください

2020/3/18 

今年 二月北九州直方市にて動物取扱業無許可無登録にて繁殖販売を10年繰り返していたブリーダーが警察に摘発され家宅捜索を受けました。
多い時は七十頭余りの犬達を飼育していました。
この度 警察行政との協力の下 現在 飼育されている六十頭余りを社団法人UKCJAPANさんが保護介入 する事になりました。

UKC JAPANのホームページは以下です。http://www.amane-taz.com/pg392.html

CAI8L7CY-1.jpg CA8KG7XW-1.jpg 

CAOU82DJ-1.jpg CAS1LRQC-1.jpg

CAEEDJ1M-1.jpg CA6PM0J7-1.jpg

ブルテリアの成犬4頭、仔犬2頭もその中にいます。ブルテリア レスキューにてその子たちの一時保護および新しい飼い主様探しを行うことになりました。

そこで、一時保護先が必要となりましたので是非ご協力宜しくお願いいたします。
一時保護ができる方はお名前、電話番号、住所を記載の上、カトウまで連絡をお願いいたします。一時保護中の経費(医療費、フード代、輸送代など)はレスキューにて負担いたします。
 
現在、劣悪な環境におりますので早く良い環境にて保護をしてあげたいと思います。

保護中の経費もかさむと思います。支援金および支援物資も宜しくお願いいたします。

譲渡ご希望の方は勿論大歓迎です。

皆様のご協力宜しくお願いいたします。

連絡先:aliiopu@yahoo.co.jp 携帯電話は090-6431-3030です。

どうかみなさまご協力お願いいたします。

何とかしてあげたい

2009/10/28

手作りごはん仲間からの情報で、新しい家族を探している犬がいます。

キャンテリアMIX 推定14歳 17kgの たろう君です。

ヘルニアで動けないためお留守番中に糞尿まみれになってしまい、毎日体を拭くのですが、痛がってかなり鳴くようです。

水も思うように飲めない環境にあるようですが、衰弱などはしていないようです。

飼い主さんは一人暮らしで、朝から夜遅くまでお仕事で、十分にお世話ができないようなので、シッターさんを頼むことを提案したのですが、その余裕はないようです。

詳しくは↓まで。
http://ameblo.jp/pet-genki/entry-10360860683.html


という情報がきたのですが、新しい家族の元に行くことが本当にいいことなのか私としては複雑な思いです。

きちんとお世話をしてくださるご家族の元に行けば快適な生活になります。

最期のその時も暖かい腕の中でいけるかもしれません。

でも、14歳まで暮らしてきたお家やお世話をしてきた飼い主さんと離れてしまうという変化は、知らない人間と新たに信頼関係を築くストレスは高齢のたろう君にとって望ましいことなのでしょうか?

「それでもぼくはこのままがいい」と言うかもしれない!

障害がなければこのような問題にならなかったのでしょうが・・・

できることなら、ご近所の方やシッターさんなどのご好意など協力しあって何とか移動することなく最期を迎えさせてあげたいと思うところです。

幸せをつかんだドゴ

2009/9/13

DOGOちゃんがトライアルに入り、VIDAちゃんとしてスタートを切ったことを以前ご報告いたしましたが、この度正式に新しいご家族の一員となることができました。

dogo3-1.jpg

レスキュー当初は体重は14kgほどで、こんなお顔をしていたのでドゴアルヘンティーノには似ているが、”よく似たMIX犬” と思っていました。

ところが、新しいご家族Mさんとドッグランで譲渡の最終確認をして、もう帰ろうという時に一人の男性が「ドゴでしょ!」と声をかけてきました。

確かに最近では体重が26kgを超え貫禄がつき私たちも「もしかするとドゴかもね!」なんていってましたが、MIXと思い込んでいたので、「いいえ違います。よく似たMIX犬です。」といったのですが、この方ドゴアルヘンティーノのブリーダーさんで、特徴を次々と指摘してドゴですよと太鼓判を押してくださいました。

Image168.jpg

ということで、MIX犬と思っていたのですが、ドゴアルヘンティーノということです。

とはいってもMさんや私たちがVIDAを愛する気持ちにぶれはありません。

太鼓判を押されて目覚めてしまったのでしょうか? 

その直後、ドッグランの中で近づいてきた犬に対して、今までに聞いたことのない低い声で唸っていたので、しつけに対する再確認だけは致しました。

そして、最後の別れ際、Mさんがリードを引っ張っても、行くことを拒み、Sさんのそばで何かを語りかけていました。

Sさんはきっと抱きしめたかったでしょうが、軽く頭をなで「もう行きなさい。」と押し返す仕草をしていました。

彼女はお世話をしてくださったSさんともう会えないことを悟ったのでしょう。

今までで、一番印象に残るお別れでした。

いっぱい愛してもらって最高の犬生を送ってください。

Mさん最期のそのときまでどうぞよろしくおねがいします。

DOGOちゃんのお家

2009/6/29

DOGOちゃんの本当のお家探しの旅が終盤を迎えようとしています。

保護したばかりは14.8kgしかなかった体重は今では27kgにまでなり、無表情で閉ざした心も、今では開いて目を輝かせています。

ありがたいことに、DOGOちゃんにお声をかけてくださる方はたくさんおりました。

dogo1-1.jpg

でも、ご家族の年齢や住環境の問題などから、なかなかマッチする方に巡り合うことができませんでしたが、今月上旬DOGOちゃんとの生活を夢見る方との面会を果たしました。

そして、犬に対する思いや考え方、年齢や住環境、先住犬との相性など 現段階ではお断りする理由など何処にもないと思える方と巡り合うことができました。

お宅にも訪問させていただいたのですが、先住犬と楽しくお互いにヘロヘロになるまで大暴れしていました。

f0152315_21254723-1.jpg

そして、おトイレも最初に教えられた場所へ自分から行って、ちょっと位置はずれてしまったものの、済ませてくることができました。 

DOGOちゃんツボを知っているようで、決めるべきところは決めてくれました。

順調に進めば7月上旬から1ヶ月間のトライアルに入り、無事に終了すれば正式に新しいご家族の一員となる予定です。

そしてDOGOは、スペイン語で 命 生命 はつらつ 大切なものという意味をもつ ”VIDA” という名前になり第二の犬生をスタートします。

千葉わんさん所属ではないのですが、快く犬親会に参加させていただきありがとうございました。

フレンチブルドッグひろばに掲載してくださったno925さんそしてそれを読んで陰ながら気にかけ応援してくださったみなさま本当にありがとうございました。

ちゃ太郎くん

2009/4/5

板橋区内のコンビニで保護されました。保護してくださった方は、見つけた時夜でしたが、痩せていたのでフードをその場で買って与えたリ、迷子だと思って近所を一緒に2時間も歩き回ったりしましたが、自分のお家にたどり着くことも飼い主さんを見つけることもできませんでした。

一時預かりをできる環境ではなかったので、やむなく愛護センターへ1ヶ月程入っていました。

DSCN7471-1.jpg

その間、捜索活動をしましたが飼い主さんが現れることはありませんでした。

このままでは処分されてしまうことから、保護主さんからいろんなつてを巡って、私の手作りごはん仲間のお宅に一時預かりとして命のバトンが渡されました。

吠えやリードの引っ張りなど問題行動があったので、預かりさん宅でリハビリ中です。

何度かこのお宅には他の用件でお伺いしているのですが、最初に会った時に比べて落ち着きも出てきて、リハビリは順調に進んでいます。

先日は、保護主さんが様子を見に来られたところにたまたまご一緒したのですが、不安で一番辛い時に助けてくれたことを覚えていたんでしょうね、今まで見たことがないほど喜んでいました。

こんなに愛情深い子を捨てるなんて・・・

DSCN7447-1.jpg DSCN7380-1.jpg

詳細は「ちゃ太郎の しあわせ探し」をごらんください。

DOGOちゃんに会ってきました

2009/2/9

由比ガ浜での里親会以来、久々にDOGOちゃんに会ってきました。

一目見て 「太ったね~♪」 と第一声をあげてしまうほどたくましい姿に変身していました。そしてなんといっても表情が豊かになっていました。

身も心もやせ細って、感情を表に出す元気さえなかったのでしょが、カバさんのご家族に見守られて、環境にも慣れてDOGOちゃんの本当の姿が出てきたようです。

太ったことで、ツンとしたお嬢様風のDOGOちゃんの姿は薄れ、ピットブルやドゴアルヘンティーノ風の貫禄が出てきていましたが、チャームポイントのうさぎのような大きな立ち耳は健在です。

でも中身はやはり甘え上手のDOGOちゃんで、ケージの前に立てば「早く出して~♪」としばらく大暴れ!

おとなしくなったので、出してあげれば「うれし~♪♪」と走り回って飛びつき攻撃!

床に座れば膝の上に乗っかって仰向けに♪まるでラブラドールのように明るく楽しい性格です。

最近カバさんは、お家の中やお散歩で、このハッチャケタ性格を持て余しぎみでしたので、DOGOちゃんが自分の気持ちを自分でコントロールできるようになることを目標にトレーニングをしてきました。

これは、新しいご家族も継続して行っていかなければ、毎日がDOGOちゃんのペースに振り回されてしまい “お手上げ” になってしまうことや、

体重も24kgほどになりパワフルなので、ちょっとぶつかられたぐらいで、転倒してしまうような高齢者や小さなお子さんのいるご家庭には不向きなことを再認識してきました。

日常生活の中で、悪い芽を早めに見つけて摘んでいくことができるほどDOGOちゃんを監視、観察できる、またはその努力をする余裕や努力を惜しまない飼い主さんが理想です。

お引越しはこれが最後にしてあげたいので、どうかみなさまDOGOちゃんをよろしくお願いします。

私に会いにきてくださいね

2008/11/13

f0152315_20431889-1.jpg

先日、DOGOちゃんに会いにカバさんのお宅に行ってきました。

順調に太り19kgになったようです。でもまだ肋骨が浮き出ています。

太ったら元気も出てきて、はしゃいですぐに飛びついてきますが「おすわり」というと “ピッシ!” とやっていました。

適正体重は22~23kgになると思います。性格はとても穏やかですが、比較的大きく、はしゃぎやな一面もあり力が強いので、しつけの面できちんと管理できる方が望ましいと思います。

11月16日(日)千葉WANさんの里親会に出ますので、会いに来てくださいね。詳しくはこちらをご覧下さい。http://chibawan.exblog.jp/

ハウスの中であららららら!

2008/10/9

2008109.jpg

排泄のタイミングを逃すことなく順調にきていましたが、今朝やっちゃいました

部屋に入った瞬間 プ~~~ン と漂うこの香りはあれに間違いなし  ハウスの中を見ると 私の鼻は確かでした

タオルケットの間にボロボロと織り込まれて取るのが大変でしたが、そのおかげで体には付いていなくて ホッ

早く太ってほしいな、と思う気持ちからごはんを多めにしていたので我慢できなかったのね  ごめんね

でも下痢はではないのでよかった~

先日仰向けにしてお耳を見ましたが、ブルテリアによくある外耳炎などはないし、お腹の皮膚もとてもきれいで皮膚の状態も良好

お散歩でもたいして引っ張りません

試しに爪をきってみましたが、たいしていやがらい本当にいいこです

体をスリスリしたり、膝に顔を乗せたりとても甘えん坊ですが、ハウスで一人で過ごすこともできる飼いやすいタイプなので、どこへ行っても大丈夫

今日ふくさんへ避妊手術のため朝食を抜いて行ったのですが、体重が16.3kgになっていました 

内臓も丈夫なようで食べた物がしっかりと栄養になっています

それでもまだまだ骨が出ています 20kgはあってもいい感じです。

手術が終われば今度はカバさんへバトンタッチなので、DOGOちゃんの今後の様子は「一緒に探そう本当のお家を」に掲載されます。

カバさんDOGOちゃんをよろしくお願い致します。

みなさまDOGOちゃんの本当のお家探しにどうぞご協力ください。

家族に迎えたいとお考えの方は、遠慮なくメールをください。よろしくお願い致します。

1日目のDOGOちゃん

2008/10/8

DOGOちゃんを引き取ると4匹になってしまい、置くスペースがないので、DOGOちゃんの健康診断が済んだら、ミクロンを動物病院に預ける予定なので、動物愛護センターにミクロンを車に乗せて出発です。

後ろの座席にミクロンを入れたゲージが乗っていたので、門の所に立っていた所員の方が怪訝そうに「何ですか!」と近寄ってきました。

確かに犬を連れていますが、その決め付けたような表情は何!「カチ~ン!!」

DOGOちゃんを車の前の座席の下に乗せて出発!

2008107-2.jpg

ミクロンのケージには目隠しに布をかけたので、暫くは大人しくしていたのですが、気配に気付きミクロンが騒ぎ出しました。

DOGOちゃんは大きなお耳をピンと立てて首をかしげて聞いていましたが、すぐに「どうでもいいや~」と気にせず外を眺めはじめました。

おかげで、ミクロンもおとなしくなりました。「DOGOちゃんおりこうさん♪」

健康診断も済み、ミクロンを預けて帰り道は疲れて丸くなって寝てしまいました。

家に着いたらシャンプー! これまた殆ど嫌がることなく無事終了♪

外に出して排泄と思ったのですが、なかなかしないのでそのままほっとくと、勝太くんが扉越しに覗きに来ました。

そしていきなり「ガウ」 されても何処吹く風!

ごはんを食べてゲージで一休み。お夕飯を食べて、やっと排泄!! お夜食も食べて今は夢の中♪

2008107-3.jpg

ケージの中で粗相をすることも要求吠えもなく、1日目は静かに終了しました。

ミクロンがいないとなんだかとても静か?!

MIX犬DOGOちゃん保護

2008/10/7

2週間程前のことですが、ドゴ・アルデンティーノではないのに似ているということから、他の保護団体から敬遠され1ヶ月程保護しているのですが、引取りを検討してもらえませんか?と動物愛護センターより依頼がありました。

ドゴ・アルデンティーノであれば、私の手に負えるかどうか不安でしたので、動物愛護センターやこの犬種に詳しい方などから情報を得て検討した結果、よく似たMIX犬である確率が高いので、面会に行くことにしました。

連絡を頂いてから1週間後に面会してみると、ちょっと “おしゃべり” ですが、甘えん坊の大人しいこなので、前向きに検討することにしたのですが、我が家では現在もう預かれない!

困ってカバさんにご相談したところ、海斗くんがタイミングよくトライアルに出ることが決まったのでカバさん家に決定♪

センターにはもう1週間待って頂いて、本日連れて来ました。

dogo1-1.jpg dogo2-1.jpg

ふくさんで健康診断をして頂きフィラリア陰性  血液検査問題なし    

体重14.8kgと痩せていますが健康な子です。♀で避妊手術をしていないので、後日行う予定います。

フレンチブルドッグとラブラドールのMIXかな?推定年齢4歳の大きなお耳が特徴の落ち着いた子です。

新しいご家族を募集していますのでご連絡ください。

dogo3-1.jpg

ブルテリアレスキュー所属ではありませんので、ブログのプロフィールからメールを送ってください。

みなさまどうぞよろしくお願い致します。

思い出のわんこ

2008/9/21

長期予報で、台風接近のため20日21日は荒れるとのこと!

20日は、8年通い続けている本村先生のセミナーの日。21日は、私が吉祥寺でセミナーを行う日。

電車止まったら どーしよー!

昨日は一部の電車は止まっていましたが、いいお天気でした。 今日は朝から大きな地震!そしてこの天気!

今日のセミナーには、私たちがはじめて愛護センターからレスキューしたぶっち君のままさんが来てくださることになってます。

でもぶっちままさんのお家は遠いから大丈夫かな~  ちょっと不安です。

このぶっち君は私がブルテリアレスキューに登録してはじめてのレスキュー犬。

ブルテリアMIXかな~???

いきなりMIXで悩みましたが、性格がとてもいいこだったので連れて来ました。

センターではシッポがブルテリアように垂れ下がっていたのですが、家に着いてしばらくすると “尾が巻いてる” !!!   目が点になり、長期戦を覚悟した子でした。

2ぶっちゃん


今ではぶっちままさんの所で幸せな毎日です。

かたわらのパンダのおもちゃは、ぶっちくんが公園で自分で見つけて拾って来た物で 「ぼくこれがないとだめなの~」という大切な大切な宝物です。

07-08-21_14-55-1.jpg 07-08-21_14-56-1.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。