スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心がゆらぐ

お散歩中に、ブルテリアを飼っている人に出会いました。

数年前にも、確か蘭が3歳くらいの時ににも1度会ったことがある犬関係のお仕事をしている方。

事情を話したら、抗がん剤治療を反対されました。

確かに副作用はとてもつらいことです。

薬が体に合わなければ、逆に体力を失い、延命どころか短命にしてしまう。

そのことを考えると抗がん剤なんてやらない方がいいのでしょうか。

何もしなければ、4月ごろ蘭はここにはいない。

薬が合わなければ、もっと早いかもしれない。

とても迷う。

2回目の注射は7日にオンコビンを打つ予定。

これは、1回目の注射とは違い本格的な抗がん剤で、副作用が出る。

副作用の出方は個体によって差があるようだが、以前に比べるとひどい副作用が出るケースは減っているという話もある。

どうか、副作用が軽くすみますように。

もう少し長く一緒にいたいのです。

いつもと変わらない

31日にステージ3a 多中心型のリンパ腫 高Ca血症なし 外注検査でB細胞型

31日にL-アスパラギナーゼを皮下注射

これは副作用がほとんど出ないといわれ、現在、とても元気で食欲旺盛!

お散歩も元気に1時間行ってきました。

Image118.jpg

公園にも行って

Image132.jpg

ドッグランの隣のスペースで遊んで

Image127.jpg

大好きなお山は芝の張替え中で入れませんでした。

Image123-1.jpg

こんなに元気だけど、確実に病気は進行してる。

リンパ腺なんて気にしないかもしれないけど、下あごの付け根あたりや、首、脇の下など普段から触ってチェックすることは大切なこと。

お腹や胸など全身さわって、しこりなどは早めに見つけてあげて。

軽い外耳炎や湿疹など、全体的に免疫力が落ちて来ているな、と感じたり

水を飲む量が増えることも体の変化のサイン。

高齢であれば特に、ちょっとした変化、
例え目に見えていなくても肌で感じるものがあれば、検査することが病気の早期発見になります。

とても残念です。

去年くらいから本当にいい関係になれて、

小さいころや若いころはガウガウいってさせてくれなかったから、その分を取り戻そうね。

って、、毎日何回も仰向けに抱っこさせてくれるようになったのに・・・

Image096.jpg

Image100.jpg

お耳のおそうじも、爪切りも、

Image075.jpg

歯石も取らせてくれて、

とってもいいこだからソファーも解禁にしたのに、

Image087.jpg


これからもっともっとたくさん楽しむはずが、病気になっちゃって・・・

とっても残念です。

今日はなぜか机の下

昨日、診察後、1回目の注射をしたけど、変わらぬ食欲と元気。

ベランダに出たり

Image105.jpg

日向ぼっこしたり、

Image107-1.jpg

珍しく机の下でお昼寝

Image109.jpg

1階のベランダで、りんごを元気に追いかけ運動会の後立派な排泄。

病気なんて嘘のよう。

悪性リンパ腫

昨日、天地がひっくり返り、目の前が真っ暗になりました。

いつものように日向ぼっこをしながら蘭を抱っこして、お耳のチェックやお腹のマッサージなどしました。

その時は気がつかなかったのですが、
終わって私も蘭も立ちあがり、正面からお顔を両手でくるんだ時、
ほほのちょっと下あたりにハート型の大きなしこりがあることに気付きました。

なに、これ!!!

あわてて、ミクロンを同じように触ってもそんなものはありません。

頭の中に、最悪の病名が・・・

すぐに病院に電話して午後の診察の予約をとりました。

検査は1時間ほど待って出ました。

「悪性リンパ腫」

病院に向かう車の中で、
しつけ教室開催でお世話になっている動物病院の獣医さんや、
知り合いの看護師さんから事前に情報収集していどみましたが、
結果を聞いた時は辛かった。

いつもと変わりない元気、食欲、排泄物、
やっと、普通の犬らしくなってこれからもっとたくさん楽しもうと思っていた矢先、
信じられない現実です。

Image076.jpg

何もしなければ2~3ケ月の命。

私には心の準備をするには短すぎる。

完治しない、副作用で苦しむ、
でも、何もしないではいられないので、
抗がん剤での治療を決断しました。

私のエゴかもしれないけど・・・

もう少し一緒にいてほしい。

Image528.jpg

これオバQ?

蘭ちゃんは夏は自分のハウスで寝ていますが、寒くなったら毎晩私のお布団にもぐりこんで来る。

寝がいりをしたり、体にちょっとでもふれると噛みつかんばかりにガウガウいっていたので、動くこともできず、緊張で眠れなかったけど、この冬は全く何も言わずに寝ているので、安心して一緒に寝られるようになりました。

私の足の方で寝たり、

Image040.jpg

枕で一緒に寝たり、

Image044.jpg

いつの間にかシーツの中に入り込んで、

Image027.jpg
Image028.jpg
Image029.jpg

変な生き物に!

この季節、気持ちよくて、お互いやめられませ~ん♪

どくだみ効果

以前、庭に生えているどくだみでクリームを作り、効果がありそうと書きましたが、その後の経過をお知らせします。

膿皮症と診断され、抗生剤を1週間ほど飲みましたが完全にはよくなりませんでした。

どくだみクリームを毎日塗ると炎症が抑えられ、塗ったところは改善されますが、また新たに他の部分に出て来てしまいます。

Image552.jpg


背中のプツプツはほとんどなくなり、全体的には良くなっているのですが、お腹やモモなどの下半身は新たに出て来てしまいます。

そこで、クリームを塗るのをやめて、葉、茎、花を全部干して粉末にしたものを毎食ごはんにかけて食べさせてみるとこれも効果が出てプツプツがなくなりました。

Image016.jpg


与えるのをやめて5日ほどすると、またプツプツと出てきてしまいますが、周期はだんだんと伸びてきています。

ミクロンに使える程の量がなかったので、使っていませんが、軽度の皮膚炎には効果があるようです。

干してしまうと殺菌効果はなくなりますが、ビタミンPと同じ働きをする成分が葉や茎に含まれていて、新陳代謝を促進し、栄養を肌まで送り込んだり老廃物を排泄する働きがあるようです。

胃壁を整える効果もあるようで、飲めば体の中から、塗れば殺菌効果で外からお肌をいい状態に保てるようなので、私も毎日愛用しようかなと思っています。

嫌われ者の雑草的な存在ですが、今年はもうなくなってしまったので、庭の手入れをして、来年はたくさん収穫するためにどくだみを栽培しようと思っています。

合う合わないはあるかと思いますが、近所にどくだみが生えていれば、入手がお手軽なので、試してみる価値はあると思います。

どくだみ

我が家の庭の草引きは主に両親がやってましたが、この暑さとご高齢のため、
今年は草が生えたい放題で、どくだみが白い花をたくさん付けている状態です。

どくだみは、お茶などが売られていて体にいいことは知ってましたが、
今まで目もくれたことがありませんでした。

庭にあまりにもたくさん生えているのでネットで調べてみると、
内服しても外用としてもとてもいいようです。

私の目を釘付けにしたのは、アトピーや美容によくて、殺菌効果はペニシリン以上と
書かれているものでした。

クリームの作り方も書いてあったので、早速作ってみました。

Image552.jpg

とてもきれいなグリーンのクリームが出来上がりました。

私は頭皮がすぐにかゆくなるので、付けてみるとかゆみが治まりました。

そこで、ミクロンの首と蘭のプツプツにも付けてみると炎症が抑えられているようです。

どの程度の効果があるかは、まだまだわかりませんが、しばらく使い続けてみます。


きゃべつ

蘭はキャベツが大好き!

葉を1枚ずつむく「ギシギシギシ」という音を聞きつけて、

どこからともなくお台所に飛んでくるのです。

Image517.jpg

そしておすわりしたり、ふせしたり、一生懸命です。

Image518.jpg Image516.jpg

蘭ちゃんが食べるのはこの芯の部分。

これをサイコロ状に切って、外で投げると喜んで走りまわります。

これを「運動会」と呼んでます。

「運動会する?」というと喜んで、さっさと一人で階段下りて玄関で待機。
お散歩は歩きたがらないのに、この時は元気に走りまわります。

Image519.jpg

すいかの皮も一番外側の硬い皮以外は、捨てずに運動会に使います。

Image536.jpg
Image537.jpg

ブツブツが~

毎日とても暑い!こんな暑さの中節電は厳しすぎる!

私の部屋は今年1回もクーラーを使っていないけど、犬達のいる部屋は夜中以外はつけてます。

たまたまでしたが、ミクロンのハウスの位置は風がいく一番いい場所です。
湿度と温度の状態がいいようで、皮膚の悪い症状が抑えられとてもいい感じになってきました。

Image551.jpg


それなのに、蘭と愛ちゃんは、全身にブツブツと目ヤニ!!!


先日、みんなきれいにしてあげようと思い3匹ともシャンプーしました。

シャンプーした当日と翌日は何事もなかったのに、
その翌日突然、蘭と愛ちゃんは全身にブツブツが出てしまいました。

愛ちゃんのブツブツは、1つ1つが小さな湿疹で、
蘭のは、1つ1つが大きな湿疹だったので、2匹は違う皮膚病かと思い病院へ行ってきました。

Image549.jpg


何と2匹仲良く膿皮症と診断されました。


せっかくシャンプーしたのに何で?

シャンプーして汚れが落ちたけど、一緒に皮膚をコーティングしていた皮膚バリアも落ちてしまい
返って感染しやすくなってしまったのでしょうか?

愛はちゃんは暑さと栄養失調の影響から、蘭は暑さと高齢によるものから、
共に免疫力が落ちてしまっているようで・・・

このところ、抗生剤を飲むことが増えてちょっと不安です。
何とかこれで落ち着いてくれればいいのですが・・・


お薬も同じ物で同じ量が処方されました。


蘭の体重は14kgです。

愛ちゃんは体長も体高も共に蘭より大きいのですが、保護した時は7kgでした。

Image398.jpg


順調に栄養を付けて太ってきていたので、蘭より重いとばかり思っていたら、
なんと13.5kgで、蘭より軽いではありませんか!

Image541.jpg


蘭ちゃんデブではないのですが、なんか複雑な心境です。


楽しいお散歩

さあ3匹そろってお散歩です。

早く行きたくて、玄関でワラワラと落ち着かない!

Image429.jpg

おすわりしてみんなそろわないとお散歩はスタートしない決まり!

きれいにそろったので、さー 出発です。

Image422.jpg

毎度のことながら、3匹の足並みがそろうことはなかなかないのが困りもの!

てんでバラバラな方向を向いていたり、スピードが違ったり!

Image410.jpg Image417.jpg

たまに会うと思ったらみんなで同じ所の匂いを嗅いでる。

Image409.jpg

足並みを崩すのは蘭かミクロン。

蘭と愛ちゃんが調子よく歩いて、ミクロンの首輪がちょっとでも引っ張られると、ミクロンは目が見ないので、不安になってしまいしゃがみこんで動かなくなってしまう。

蘭はいつものことながら、お散歩中はよく止まって動かなくなる、そして歩くスピードは遅い。

愛ちゃんは常にサクサクよく歩いてくれる。

1匹ずつ行けばそれぞれのペースで歩いてあげられるから、ミクロンは止まることはほとんどないけど、そうしたら1日に何回も行くことになり、犬のお散歩で1日が終わってしまいそう。

3匹をまとめながら歩くのは大変だけどしかたがない。

みんな同じペースで歩いてくれると助かるんだけどな~

Image416.jpg

膀胱炎再発

再発という表現が正しいかはちょっとびみょうです。

というのは、退院後出血はしていませんでしたが、膀胱炎が完治していたかどうかは定かではないからです。


退院後しばらくは出血もせず順調でしたが、また出血してしまいました。

退院する際に「また出血したら処方食をおすすめします。」といわれていました。

処方食ということはあのカリカリの、または缶詰のドッグフード!pHコントロールだ!

これを与えることだけはどうしても避けたい!

そこで、膀胱内の細菌を洗い流すために多めのお水を飲ませることにしました。

ただのお水ではなく、エキナセア、レッドクローバー、ローズヒップを粉末にして入れたものを1日に2回毎日飲ませ続けました。

この組み合わせが膀胱炎にいいというわけではありません。

良いとされているものは、カウチグラス、ジュニパー、マシュマロウ、ヤロウ、エキナセアなどなどで、持っていないしなじみもないものばかりです。

新たに買いそろえるのも大変なので持ち合わせのものを与えました。

でも、エキナセアは細菌やウイルス感染に、レッドクローバーは血液浄化、利尿作用、肝臓に、ローズヒップはビタミンCが豊富といわれているのでよしとしました。

ハーブの効果か多めの水分摂取で多めの排尿で細菌が流れ出たためか、うれしいことに回復しました。

若いころも膀胱炎を発症していたので、以前はクランベリーを常備して、気になる時などたまに与えて予防していましたが、ここ数年は安心して全く与えていなかったので、これを機にまた常備することにしました。

症状が出てしまったら、お薬を飲ませてきんちんと治療することがいいですが、予防としてはこれらのものは蘭には効果的に作用しています。

お薬を使わずに、自然のもので健康が維持できればハーブもいいのですが、物によっては毎日長期間使用するとよくないものや、持病があると使えないもの、猫には使えないものなどがありますので、使用する際にはお気を付けください。

のほほ~ん

余震が毎日のように続いているけど、震度3や4では我が家の犬達は寝ています。

笑太だけが、夜中であろうが揺れると吠えまくっています。

蘭とはお布団で一緒に寝るようになり、最初は足の方に寝ていましたが、

Image019.jpg

今では一緒に並んで寝ることもできるようになり、私が寝がえりをうっても唸ることなく平気でいられるようになりました。

私が起きても一人で寝てます。

Image413.jpg

あくびしてまどろんでます。

Image414.jpg

また寝てしまいました。

Image415.jpg

布団をはいでも頑張ります。

Image379.jpg

やっと起きてくれるかな

Image382.jpg

と思ったらまだ寝むそう。

Image384.jpg

蘭には地震も原発も関係ない!

でも、ちょっとした環境の変化のためか、高齢のためか、
免疫力が低下して重度の膀胱炎になりました。

前日も当日の1回目の排泄も異常がなかったのに、
頻尿にもなっていなかったのに、

突然血尿が・・・  
尿というよりほとんど血で、しかも血の塊もある!

すぐ病院へ行き、採取した尿を見た先生からは、
出血がひどいから即入院といわれました。

検査結果が出るまでは、悪い方にばかり考えて涙ものでしたが、
膀胱炎とわかり、他に異常がないこともわかり、一安心しました。

でも、膀胱がとても腫れているので3泊4日の入院。

先生には、すごく腫れていたけど治るのが早かった、とびっくりされました。

手作りごはんのおかげかな?

やっぱり、10歳を過ぎると何が起こるかわからないので、
気をつけないといけませんね。

何でもない毎日が幸せ

大きな出来事もイベントもないままに単調な毎日が過ぎていきます。
自分が幸せと実感することもありません。

でも、今回のように大きな災害があると、生きているだけで幸せと思い知らされます。

ほとんど台所に立つことがなくなった母が2日前から小豆をコトコトと煮始めました。
おはぎを作るためです。

そして昨日は一緒に小豆とごまのおはぎをたくさん作りました。

Image391.jpg

黒い方が小豆ですが、微妙にグリーンがかっています。
どうしたのかというと、抹茶のおはぎが作りたかったようです。
いつもだと、抹茶に砂糖を混ぜてからめていました。
あんを使って抹茶味にしたいのなら、白いんげんであんを作らなければいけなのに、

「どうしてこんな色になっちゃったんだろう?」と不思議がっている!

改めて母の老いを実感させられ、あと何回一緒におはぎが作れるのかな?


今日の朝ご飯は蘭ちゃんもおはぎです。

Image392.jpg

たまにはこんなごんもいいでしょう。

なんて、ほんとうにのんきでですね。
被災地ではおはぎどころではないのに。

当たり前のような毎日ですが、いつ家族がバラバラになるかわかりません。
この当たり前のような毎日こそが幸福なんですね。
まだ余震が続き、原発はどうなるかわからいですが、今日こうしていられることに感謝します。


飲料水に困りプールの水を飲んでしのいでいると聞きました。
がれきの下で凍えて、助けを待っている人もたくさんいます。

どうか一人でも多くの方の命が救われ、ご家族やお友達が再会できますように。

そして、1つでも多くの動物たちの命も救われ、ご家族のもとに帰れますように。

犠牲となられたたくさんの方々のご冥福をお祈り致します。
また、被災地で不自由な毎日を過ごされている方々にお見舞い申し上げます。

手作り石鹸でミクロンシャンプー

里見先生の講習会で作った犬用石鹸でミクロンを洗ってみました。

ミクロンの脂にも負けず、泡立ちもよく、1回できちんとスッキリ綺麗になりました。

すすぎも、泡切れがよくなかなかの使いごこちです。

手作り石鹸のイメージは、溶けが早い、泡立ちが悪いなどがありますが、
泡立ちもよく、思ったほど減ることもありませんでした。

しばらく、使い続けてみようと思います。

地震の影響

地震に一番敏感なのは笑太です。
ガサガサと揺れると、吠えまくり、今回も揺れるたびに吠えています。
最大の揺れの時にも吠えていたようです。

07-01-31_11-31.jpg

ミクロンは、ケージの中で狂ったように吠えまくり、上下左右ケージを噛みまくって、パニック状態になっていたので、両親は怖くて手が出せなかったようです。

蘭はというと、母の足元にぴったりとくっついていたようです。

私が帰宅した時には、みんな落ち着きを取り戻し、何事もなかったように寝てました。

その後の余震も、笑太吠えるけど、みんなグーグー寝てました。

ミクロンは地震に対してトラウマになるかと思ったけど、いまのところ大丈夫なようです。

マンションの8階に住む知人のチワワは、地震の時誰もいなかったので、ケージの中で一人で恐怖と戦っていたのでしょうね。

その反動から、帰宅したご家族全員に唸りまくり、誰も寄せ付けなかったようです。

翌日には平常心に戻って良かったです。



小さなお友達

飼い主さんがお出かけのため、ナナちゃんとモモちゃんがお泊りしました。

Image365.jpg

犬が苦手な蘭は、ナナちゃんのようにおとなしい子でも最初は怖がるけど、
ナナちゃんが何もしないので、どうにか並ぶことができました。

ナナちゃんはとても小さいので、蘭が巨大に見える。

Image368.jpg

3匹でお散歩にも行きました。

ミクロンも一緒にと思ったのですが、モモちゃんとの相性が難しいので、お留守番でした。

ガウガウ犬でこまったちゃんの蘭ですが、犬には喧嘩を売らない買わない子なので、
こんな時にはとても助かります。

まったり 日向ぼっこ

ブログを書こうと思いつつなかなか書けないでいたら、早いものでもう2月!

お正月中は、兄夫婦が来てくれてにぎやかに過ごすことができましたが、

犬達は、はしゃぎすぎたのか、帰ったあとはくったりと疲れて寝てました。

Image343.jpg

ミクロンのフリーの時間が長かったり、毎日皮膚のお手入れをしたり

すると、やきもちから蘭がいやがらせの排泄をする時期がありましたが、

今はそれも落ち着きました。

ミクロンも、フリーの時間を長くするとお部屋の中で排泄をしてしまいましたが、

今は、ガラス戸の所に行って「出して」って言えるようになりました。

気が合うとまでは言えないけど、うまくやっていけてるこの2匹

なぜか、おすわりの崩れ方がまるで同じ!

Image340.jpg

ふと気付くといつの間にか入れ替わっている!

見た目はかわいいけど・・・

よもぎ石鹸に続いて、今度はレッドパーム油を使って作りました。

Image326.jpg

ひまわり油はきれいな白になるので、それをベースにオレンジ色はレッドパーム油をたくさん入れて、少しにするとかわいい黄色になります。蜂蜜を入れると茶系の色になります。

型入れは綿棒を使って、入れたい所に入れたい色を一つ一つ丁寧に。

なんてことを感激しつつ楽しんでしていたら、全部型に入れる前に固まってきてしまいました。

見た目はかわいいけど、良く見ると空気がいっぱい入ってる!

シリコンなので、これはすんなりと出てくれましたが、アクリル製のものは出し方のこつがなかなかつかめず、まだ出てきません。

型に入れて残った生地はパウンドケーキの型に押し込んで、

Image328.jpg Image329.jpg

まだらちゃんのできあがりです。

レッドパーム油は、カロチンが豊富で肌荒れや傷の修復に効果があり、栗ママさんや栗パパさんは、その効果を実感しているようです。

解禁日は最低1ヶ月先です。待ち遠し~


作っている途中で固まってしまい、型に入れるのに四苦八苦し、かなりショックでしたが、

一人で作ること2作目にしては上出来!
石鹸は見た目ではない! 
使用感が肌に合っていればそれでよい!

と自分を励ましつつも、本当は可愛い物が作りたくてしかたないのです。

どうにか完成

子供のころからちまちまと一人で何かを作ることが好きでした。

編み物はマフラー、ストール、クッションカバー、レース編み、
刺繍はおけいこバッグやハンカチに、クロスステッチはセットになっているもので、ピアノカバーやテーブルクロスなど、
洋裁もブラウスやスカートなどを作りました。

中学生の時に流行ったフィッシャーマンセーターはサイズが小さくなったので、くつ下カバーに変身。

でも、一つだけ何年も完成せずに眠っていたものがありました。

セーターを編もうと思って、何年前に買ったか忘れてしまったほど古い白と黒の毛糸。
編んではほどき  編んではほどき  糸がやせてきています。

それでも、何とか身頃は完成しました。
そしてここで数年間放置。

袖を編むのが面倒になってしまったことと、年のせいで太ももあたりが寒いのとで、デザイン変更。

そして出来上がったものがこれです。

Image332.jpg

袖はなし。かぎ針でちょっとすかし編み。

裾は、リブ編みの下に編み下げて、温かくしてみました。

お部屋で着るには何とか耐えられるものが完成しました。

何年かかったことやら・・・

メリー クリスマス

以前は、わんこ用ケーキやおやつをよく作っていましたが、最近は作っていませんでした。

でも、今日はお友達が2匹お泊りに来ているので、久々に作ってみました。

Image335.jpg

蘭は何を食べても平気ですが、ミクロンはアレルギーがあります。
アレルギー検査をしていないので、アレルゲンはわかりませんが、ちょっとだけ考慮して作ってみました。

細かくきざんださつまいもをペースト状になるまで煮ます。
すりおろしたりんごを煮て甘みを引き出し、無塩バターとヨーグルトを香り付けに入れ、ペースト状のさつまいもを加えて良く混ぜ冷まします。
お皿の上で形を整え、ほうれん草とにんじんで飾りました。

うちの3匹は何でもよく食べるので、喜んで食べてくれました。

お友達はちょっとお好みがいろいろとあるので、食べてくれないかも!と思っていましたが、きれに食べてくれてうれしかったで~す。


今年は久々に人間のクリスマスケーキもありました!
おしゃれな新しいケーキ屋さんができて、気になっていたので、買っちゃいました。

Image336.jpg

いい距離感

蘭とミクロンをお部屋でフリーにすると、ミクロンが蘭に突進していったり、蘭がミクロンにマウンティングしたり大暴れでしたが、今はやらなくなりました。

ほとんどの場合、蘭はミクロンが来ると譲ることが多いです。

Image304.jpg Image305.jpg

ごはんの時も自分のおちゃわんの前で待てます。

Image306.jpg

どちらが先に食べ終わっても、お互いに食事の邪魔をすることはありません。

日向ぼっこも仲良くできます。

Image297.jpg Image302.jpg

くっついて一緒に寝ることができるようになると、この季節、お互いに温かくていいと思うけど、ミクロンが接近すると蘭は逃げちゃうのでまだまだ難しいようです。

冬支度

昼間はお天気がいいと温かいですが、朝晩は冷え込むようになりました。

そこで、ミクロンのお部屋も冬支度です。

夏は大きめのケージの中で伸び伸びとしていましたが、これでは寒いので、

Image190.jpg

小さいケージの中にお布団を敷き、外側は布でくるみました。

Image301.jpg

ところが、このケージのドアを自分で開けることを覚えてしまいました!
そこで、絶対に開かないようにしたら、一度成功したものだから、一生懸命に開けようとして、お顔に怪我をしてしまいました。

Image321.jpg

しかたなく、夏用ケージの中に冬用ケージを入れてオネンネです。

古いおもちゃ

かたずけをしていたら古いボールがたくさん出てきました。

2~3歳ぐらいの時にはまっていて、壊すと飽きるを繰り返し、母が10個以上も買い与えたものです。転がすと変な音がするボールです。

12_14_166.jpeg

写真の右側にあるのが、音が出るしかけを壊して出してしまったものです。

久々に与えてみると

Image294.jpg

喜んで遊んでましたが、3日で飽きました。

Image319.jpg Image320.jpg


これは、中にドッグフードや小粒のおやつを入れて、転がすと出てくるもので、これもボールと同じような変な音が出ます。

1個目はピンク色を買ってあげたのですが、15分ほどで壊してしまいました。
数年後同じものを見つけたので買ったのですが、また15分で壊せるのは惜しいと思い大事にしまっていました。

与えてみると、しばらくは遊んでいましたが、昔ほどではなくすぐに飽きてしまいました。

あんなに執着していたのに! 年を取ると変ってしまいとちょっと残念です。

イルミネーション

クリスマスが近づくと、私の子供のころはお家の中にクリスマスツリーを飾る程度でした。
でも、今では庭や家に飾り付けをするお家が増えましたね。

いつものお散歩コースでも毎年すごいな~  とながめるお家があります。

Image311.jpg

一緒に感激したかったのに、私が感激している間、犬達には全く関係ないようで、
しきりに地面のにおいをかいでいました。

Image312.jpg

高さだけでなく、道路に面している面は一面に飾り付けされているんですよ。

夢のない私は、
いったい、いくらかけているのだろう?
電気代いくらになるんだろう?
と思ってしまう・・・

お布団で ぬくぬく

犬と一緒にお布団で寝ることは、

病気をもらったりうつしたり、超小型犬はつぶして怪我をさせてしまうことも!
そして、しつけの上でも

いけないこと! といわれています。

でもね~~~

冬はあったかくて、お互いに気持ちいいんだよね。

11月ぐらいから、蘭は毎日夜中になると入ってきます。

Image020.jpg

並んで寝るのではなく、いつも私の足の方にいって寝ています。

なでなで

お散歩で公園に行ったら小さな子供がお父さんと遊んでいました。

蘭ちゃんは怖がりだから、できればそばに来てほしくないな~  でも、来ちゃった。

子供はたいてい、触りたいけど怖い!  蘭の前でモジモジ。

お父さんが最初になでなでしてくれました。

Image271.jpg

なんとも気持ちよさそうな蘭♪

そして、子供もなでなで

Image270.jpg

以前は、私の後ろに隠れてしまったのに、また一つ大人になりました。

ふりかけ

2010/9/20

人間のお夕飯のおかずがエビフライの時、エビの皮をいつもは焼いてカリカリにして蘭に与えていました。

今回もそのつもりでエビの皮を取っておいたのですが、焼くのを忘れて一晩放置してしまいました。次の日見ると何と焼いたかのようにカリカリに乾いていて、色も焼いたかのように赤く変っていました!

Image256.jpg Image257.jpg

そこで今回はふりかけを作ることにしました。

材料は  干したエビの皮  干しシイタケ  煮干し  かつおぶし  すりごまを入れたかったのですが、なかったので アーモンド  です。フードプロセッサーで ガーーーーーー  とやって できあがり。

Image262.jpg Image264.jpg

骨付き肉がないときや老犬子犬のカルシウム源、アーモンドの抗酸化作用、しいたけの免疫力アップ!

などの効果もきたいできるけど、なんといってもおいしくて喜んで食べることが一番!

アレルギー症状は、免疫反応が過剰な状態にあるので、アレルギーには、しいたけは不向きのようです。

健康診断

2010/8/6

年に1度の健康診断は毎年フィラリアの検査に合わせてやっています。

いつもなら6月頃にやっていたのですが、今年は遅れに遅れてなんと8月4日になってしまいました!

Image219.jpg

いつもの動物病院でフィラリアの検査、血液検査、腹部のエコーをやりました。

フィラリアは、どこのお家もみんなもう何度かお薬を飲んでいることでしょうね。なのにまだ1回も飲んでいません!

時期が遅くなってしまったので、フィラリアはドキドキものでしたが大丈夫でした。

この辺は、池や川もないしお薬を飲ませている子が多いのでしょうね。今年もお薬飲む回数が少なくすむので、肝臓などの内臓に負担をかけずに済みます。ホ~

ブルテリアには心臓の悪い個体が多いと聞きます。10歳になったので何か病気があるかと心配でしたが健康状態良好でした。

今日もこの暑さの中、なんと外で日向ぼっこをしてました! 自分で何かの調節をしているんでしょうね。

Image223.jpg

元気が一番! 良かった!良かった!


だが、しかし、ミクロンが・・・

お誕生日

20101/7/28

我が家の蘭ちゃん、7月27日をもってとうとう10歳の大台にのりました。

片手で持てるほど小さくてねずみのようだったのに!このころはまだガウも言わずにかわいかった!

koinu1.jpeg koinu3.jpeg

お鼻にピンク色の部分があったけど真黒になり、こんなに小さかったのに、あっというまに14kg!

bobo.jpg

ついこの前まで「いくつですか?」と聞かれて「3歳です」なんて言っていたのに、時の経つのは早いです。

以前は、お菓子の袋の「カサッ」という音ですぐに起きてきたのに、今じゃ食べ終わる頃に出てくることもシバシバ!

暑さも手伝ってビロ~ンと伸びて爆睡中

Image178.jpg

年をとって丸くなったというか・・・   

臆病で犬とじゃれ合うこともなかったのに、10歳を目前にしてミクロンと毎日じゃれ合い、ガウもずいぶん減り扱いやすくなりましたが、うれしいようなさびしいような・・・

次は成人式に向けて頑張るぞ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。