スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリッカーの威力

2008/1/26

服従訓練は出来ても、触れるようになるわけでも、「ガウガウ」がなくなるわけでもありませんでした。

服従訓練の成果を生活の中で、どう生かしていけば良いのかもわからいまま「おすわり」や「ふせ」「待て」などの強化訓練は続けていました。

そんな中で「クリッカー」の存在を知りました。

クリッカーとは、望む行動をした時に「カチッ」と鳴らして、おやつを与えるものです。

食べることに大して貪欲な蘭にとって、これ以上ないグッズとなり、指示語に対しての反応はとてもよくなりました。

「次は何をするの?早く言ってよ♪」と指示を出されることを待ち望むようになり、新しい指示語もドンドン覚えていきました。

間違えればクリッカーは鳴らないので、当然おやつはもらえません。

正解が出るまで私は待ちます。待つと、蘭は自分が何を要求されているのか、自分で考え正解を出します。

内容は服従訓練でも、蘭にとっては楽しいゲームになったのです。

犬の集中力は短いので、20分~25分程度でやめるようになっていますが、40分~1時間やっても集中している程、蘭はクリッカーが大好きです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。