スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訓練開始

2008/1/12

このままではどうにもならないので、専門家の手を借りなければということで、訓練をする事にしました。

ご相談した場所が車で3時間かかる所だったので、まずは3ヶ月間の預かり訓練となりました。これできっとあの子も「ガウガウ」言わなくなるだろうと思い、別れるのはつらいですが、お願いすることにして預けました。

この3ヶ月間は、仕事の休みの日を利用して毎週1回通って私も一緒にお勉強しました。3ヵ月後は自宅に戻り、今度は訓練士さんが数ヶ月間自宅に通って下さいました。

おすわり、ふせ、まて、おいで、横について歩くことなど基本的なことはできるようになっても、以前と変わりなく「ガウガウ」は続いていました。これでは本当に解決したいことが、解決できない!

そこで、仕事が終わってからでも通える犬の学校を見つけ、そこで犬について勉強をしました。

犬について知れば知るほど、私は犬に対して何かを求めるばかりで、犬が本当に求めていることを、何も与えていなかったことに気付きました。

一言で言えば「犬は犬らしく管理する。」ということがとても重要であるということに気が付きました。

愛犬家の皆様の中には、ご自分の愛犬に対し “犬” という表現を嫌う方もおります。以前の私もそうでしたが、犬を犬という生き物として尊重して、私はあえて犬と言うことにしました。

犬を下等な生き物と思い、人間扱いすることこそが、犬には大変迷惑な話で、犬を混乱させ問題行動へと導き、犬をバカにしていると思うようになったのです。

擬人化した扱いを受けても平気な個体もいますが、ストレスとなる個体もたくさんいます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。