スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唸る!噛み付く!触らせない

2008/1/8

家の子 “蘭” は3ヶ月齢前後のある日突然、唸る!噛み付く!触らせない!という状態になってしまいました。それも、何の予告もなく噛み付くのです。

例えば、「触って♪」と自分から擦り寄って来るので、なでていると途中で突然「ガウ!」といって噛み付いたり、ごく普通に触ろうとすると「ガウ!」といって噛み付くのです。

痛いことをしたわけでも、意地悪をしたわけでも、食べ物があったわけでも何でもないのに噛み付くのです。
それも手加減せずに本気で噛むのです。

普通は一番かわいいさかりなのに・・・  大変ショックで家族一同ブルーになってしまいました。

今までの犬たちにはそのような行動はなかったので、どうしていいやらわからなく、一番最初に相談したした所は、ペットショップと獣医さん。どちらも「叱りなさい!」という回答で、「キャン」という程叩くというものと、新聞を丸めて机や床を叩いて脅かすもの。

どちらの方法も私たち家族は真面目にその方法を実践しました。そうするとどうでしょう、あれよあれよという間にドンドン悪化していくではありませんか!

蘭は私たちを完全に全く信頼していないという感じになって、私たちとの間には厚い壁ができてしまいました。

普通なら気にもとめないような、どんな些細なことでも目の色を変えて飛び掛ってくるようになってしまいました。

悪い事をした時には叱るとよくありますが、叱れば叱るほど蘭は逆上してしまうのです。首の皮を、あるいは首輪を持ってつるして振るという方法もやりましたが、これも逆上してしまいます。やればやるほど壁は厚くなっていくばかりです。

首を持って振ったためか、お散歩の時に首輪のDカンにリードを付けることさえできなくなってしまったのです。
最悪の頃の表情です。

眠いの-1
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。