スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心がゆらぐ

お散歩中に、ブルテリアを飼っている人に出会いました。

数年前にも、確か蘭が3歳くらいの時ににも1度会ったことがある犬関係のお仕事をしている方。

事情を話したら、抗がん剤治療を反対されました。

確かに副作用はとてもつらいことです。

薬が体に合わなければ、逆に体力を失い、延命どころか短命にしてしまう。

そのことを考えると抗がん剤なんてやらない方がいいのでしょうか。

何もしなければ、4月ごろ蘭はここにはいない。

薬が合わなければ、もっと早いかもしれない。

とても迷う。

2回目の注射は7日にオンコビンを打つ予定。

これは、1回目の注射とは違い本格的な抗がん剤で、副作用が出る。

副作用の出方は個体によって差があるようだが、以前に比べるとひどい副作用が出るケースは減っているという話もある。

どうか、副作用が軽くすみますように。

もう少し長く一緒にいたいのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

抗がん剤の副作用がきついというのは、もはや現代では常識のようなものですよね。
私も万が一のことがあっても、抗がん剤治療はしないと決めています。

…でも!
まだ離れたくない、もう少し一緒にいたいというお気持ちもすごくわかるんです。
同じ立場になったら、私ももしかして延命治療に入ってしまうのかもしれません。
正解のないお話なんですよね。

蘭ちゃんの飼い主さんはぶりんどるさんだから、ぶりんどるさんのお気持ちのままに行動されていいと私は思います。
どうかどうか、副作用がありませんように。
ぶりんどるさんのためにも、心から祈っています。

これはあくまでもうちの選択です。
参考までにと思い書きましたが、
もちろんコレが正解とは思ってないです。
ほんとうにつらかったけど、
決断してからの毎日は、充実した日々でした。

かりんのときも相当悩みました。
先生はかりんのこと、うちの家庭の事をよくわかっている人で、
治療のスケジュールも一応たててくれました。
それを見ているうちに、治療をすれば、
このスケジュールでずっと暮らすのかと思ってしまいました。
わたしが病院に通うのがつらい気持ちになるだろうと、
それがかりんに伝わり、
有意義な時間をいっしょに過ごせないかもと思いました。
結果、いつもの暮らしを変わりなく行こうと決めました。
すこしでも長くいっしょにいたいけれど、
大好きな自宅とお散歩ができる中で
さいごまで楽しい思いをさせてあげたいと思いました。

どんな選択でも、いちばん大好きなブリンドルさんが選んだ、
蘭ちゃんにとっての選択だったら、蘭ちゃんはうれしいし、
「わかった」って思ってくれると思います。

いろいろ知識や経験があるブリンドルさん、
よけいに悩むかもしれませんが、
蘭ちゃんの顔みて、気持ちに素直に行動して下さいね。
今日は昨日より蘭ちゃんと、楽しく過ごせますように。

美香さんへ

私の気持ちをくんでくれてありがとうございます。
苦しい思いをさせながら生きることがいいんことなのか、元気な姿を見ると、なおさら迷います。
私が弱いばっかりに・・・

misawo さまへ

つらいことを思い出させてしまってすみません。
ありがとうございます。
かりんちゃん幸せでしたね。
私は短い時間の中で蘭と有意義な時間を過ごせるか自信がないのです。
小さい時ガウガウ言って触らせない、あの子の性格を理解してくれるもっといい環境があったのではないか。
今でも、蘭は私の所に来て本当に幸せだったのかと思うのです。
今、いい関係になれて少しでも長く一緒にいたくて、私のわがままですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。