スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護生活卒業

2010/9/9

攻撃性が強いことから捨てられてしまい2006年11月に我が家にやってきた笑太くん。

面会に行くと蘭と同じ表情をしていたので、見捨てることができなかった。

無邪気にはしゃぐ基本明るい性格、でも大きな体のわりには臆病者。

そのため自分の理解を超えることは全て恐怖となり攻撃してしまう。

そんな彼の性格を理解して、少しずつ馴らして恐怖心を取り除いていけば人間との生活も不可能ではない。彼を理解してくれる飼い主さんが見つかれば!

犬は自分の一生を自分で選択できないから、飼い主次第で一生が決まってしまう。

だから彼を理解してくれる飼い主さんと巡り合うことは、犬にとって勝ち組となれることになる。

そう思って最初は「勝太」と名付けた。

人間のやることは不可解なことばかりでパニックになってしまい、スイッチは至るところにある。

今はありませんが、威嚇され危険を感じたことも・・・

犬に対してもどんなに大人しく友好的でもだめ。近づくと襲ってしまう。

今までに2家族がトライアルしたけど、事件を起こして帰ってくる。

最後に帰って来た日は私の誕生日!何かあるのかな? どちらもとてもいいご家族だったのに・・・

「勝」という字は強すぎるから「笑」にしたらと言われ「笑太」と改名。

3年10ヶ月我が家で過ごし今年7歳。

ミクロンとの相性は特に悪く4回ほど壮絶な喧嘩を!

それでもなぜか家族はみんな「家で一番頭がよく賢い」と気に入っている。

いまだによく威嚇されるのは父ですが、外で過ごす時間が長いので、お手製のハウスをプレゼント。

Image269.jpg

そんなこんなで笑太は保護生活を卒業し、我が家で一生暮らすことが決定しました。

我が家ではなく、もっとかわいがってくれるところに行きたいでしょうが、我が家で我慢してください。

応援して下さったみなさまありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。