スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去勢手術延期

2010/8/8

本日去勢手術をする予定でしたが延期となりました。

肝臓がうっ血している原因解明のために本日は院長先生に再検査していただきました。

その結果心臓の収縮率が通常は40%ほどあるのですが、ミクロンの場合は19.3%と半分ほどしか動いていないことが判明し、これでは麻酔はかけられないので一時延期となりました。

通常この状態だと元気がなくなるそうですが、ミクロンは元気にお散歩はするし、ケージから出せば蘭のお尻を追いかけまわして1秒たりともじっとしていない!

病院でもチョロチョロと動き回っていました。

先生もちょっとびっくりですが、たまにこうゆう子もいるとおっしゃっていました。

Image188.jpg

このように心臓の働きが悪くなる原因として、甲状腺機能低下症があるので甲状腺の検査をというお話も出ましたが、甲状腺機能低下症になると代謝が落ちるので、うつのように元気がなくなったり、太ったりしますが、とても元気で、ちょっと気を抜くと痩せてしまうことから可能性は低いと判断しました。

そこで、甲状腺の検査はせずに、心臓のお薬を2週間与えて、状態がよくなれば手術することにしました。

なぜ去勢手術にこだわるかというと、前立腺はしぼんで解決できるし、停留睾丸は癌になる確率が高いからです。

もしかすると最悪はもうすでに癌化していて、肝臓のうっ血になっているかもしれません。もちろん心臓からの影響もあると思われます。

犬にエコー!しかも元気なのに!しかも保護犬が!と思われる方もいるでしょうが、犬は違和感を言ってくれないので、明らかな症状が出て人がその異常に気付いた時には手遅れになるかもしれません。

レントゲンやエコーは今やほとんど病院が備えていて、すぐに対応してくれるので早期発見ができます。

そのことを知っていてやらなかったために後悔はしたくないし、今年はやった方がいいと強く感じた自分の勘を信じて良かったと思っています。

今は、心臓のお薬が効いて手術を乗り切ってくれることを祈ります。

そして、癌になっていませんように。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。