スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミクロンが・・・

2010/8/7

「だが、しかしミクロンが・・・」の続きですが、病気が見つかってしまいました。

蘭は7歳を過ぎてからは、エコー診断を年に1度受けるようにしています。

ミクロンは保護犬ということもあって、血液検査はしていましたが、預かってからのこの2年間受けたことはありませんでした。

元気がないとか何か症状があるわけでもないのですが、年齢的にも7歳を超えているようですし、なんとなく今年はやった方がいいと強く感じたので、費用は自分で払うことにして受けたところ、前立腺に問題があることがわかりました。  

保健所から引き取った時から、すっきりしていてあるべき場所に何もなかったので、去勢してあるものと思っていましたから、   え~~~~~!!!??

「去勢していてもなることがあるんですか?」と質問してしまいました。

もちろん答えは「いいえ。」です。

保健所から来てずっと通っていて入院もしたことのある動物病院なので、ミクロンのことはよくわかっているはずでしたが・・・

そこで、再度エコーをかけて確認すると ”ありました!” 停留してました。大事にお腹の中にしまいこんでました。

確かに、去勢したにしては男っぽい感じがするな~ でも個体差もあるからこんなもんなのかなとずっと思っていました。

雄犬を飼ったことはありますが、去勢したことがなかったので、した場合としない場合のわずかな違いがわからなかったこともありますが、個体の性格や習慣で身についてしまったことなども影響されるので見落としてしまいました。

ということで、本日去勢してまいります。

そしてもう1つ、肝臓がうっ血して肥大していることがわかりました。原因として考えられることは腫瘍や心臓に問題があることのようですが、心臓を専門としている院長先生が不在だったのと、去勢手術で再度病院に行くこともあり、原因は本日確認することになります。

Image224.jpg

綺麗に生えそろっていたお腹の毛はエコーの際に剃られてしまいました。

アトピー、緑内障、前立腺、肝臓と次々と病気が出てくるこの子、この先いったいどうなるの?

こちらの心配をよそに、毎日こんな姿で寝ています。

この ノウテンキ なところがミクロンの良さなんですけどね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。