スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピー性皮膚炎

2010/4/12

ミクロンの皮膚疾患の治療経過については、

インタードッグを使い一時期改善が見られたこと、その後停滞期に入ってしまったこと、

薬用シャンプーの種類を変え、洗い方を念入りすることで改善が見られたことなどを以前お知らせしました。

しかし、今年に入り少しずつ悪化しはじめてきました。

皮膚疾患は犬もつらいし、飼い主もつらい病気です。


かゆみがあるので掻く、

掻くと悪化するので、叱りたくないけどやめさせるために叱る

しかられることで犬はストレスを受ける、かゆいけどかけない!


全身からの細かいフケ、

疾患部分の脱毛や赤み出血、

ゾウの皮膚のように硬くキメが荒くたるむ


洗ってもすぐに出てくる分泌物、

抱いたり触ったりするとぬめり感があり、キツイ臭い


頻繁におこなわなければいけないシャンプーに掃除、洗濯


心が折れそうになる


友達から1件の動物病院を紹介されたけど、何処へ行ってもまた同じだろうと・・・

そんな時、直方市のレスキューの話しが舞い込んできた!

少しは気持ちが紛れ、最後の挑戦と思い新しい病院へ行くことを決断しました。


とはいうものの、お値段の高そうな病院で・・・

どんな先生でどんな治療方針か、初診でいくら用意したらいいのか不安だらけでお電話で問い合わせて、先生に私の思っていることを伝え十分にお話してから行きました。

初診は、最近の病院はほとんどがそうですが検査、検査

でもここは血液検査と問診と時間をかけた触診をしてくださいました。

重度のアトピー性皮膚炎

私が何よりもうれしかったことは、犬の体に触って触診を十分にしてくれたこと。

そのあとは、いろんなご指導をしていただき、3時間ちかくかかりました。


保護犬であることから何でもやってあげたいけど限界があることなど、こちらの事情を事前にお伝えしていたのですが、十分な対応をしていただくことができました。

また、料金の面においてもかなり安くしていただけました。

全くご協力していただけないこともありますが、それは病院を経営しているのですから当然のことで、協力していただけることは本当にありがたいことで、感謝感謝です。


今日も行ってきたのですが、「治したる。あんたが頑張らにゃ治らんのだから、一緒に頑張るんだよ。」と言っていただけるだけでも心強いです。


何としてでもピンク色のTシャツ脱がせてあげたい!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。