スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真似しないでね

2007/12/25

前回のお話の中で、口をこじ開けて引き離したことを書きましたが、これはどんな犬にもできることではありません。

人間との信頼関係、特に母には絶対服従で、母の気迫や犬の性格や相手の犬、そして取り巻く環境などなどいろんな条件が重なりできたことです。

このドーベルマンは、何をされても平気で、何でも受け入れるタイプでした。

食事中にお茶碗を取上げることはもちろん、手を入れて口元の今まさにそれを食べようとしているお肉を取っても平気で、口の中に入っている大好物でも口から取り出すこともできるような、大らかな犬でした。

そして、どんなに興奮状態にあろとも、自分のターゲットのみを追い、それを邪魔する私たちの手には歯を向けなかったのです。


ですから、安易に真似はしないでくださいね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。