スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お家が決まりそう

2008/7/2

2006年11月に我が家に来て、一度出戻って以来もう ズーーーーーーと我が家を出ることはないものと半分諦めていましたが、今年になって1家族との面会があり、そして5月の中旬にまたお声がかかり、勝太くんの運気が動きはじめました。

20083-3.jpg


私としても勝太くんを出すには慎重に行わなければいけないと思っていたので、今回もあまり期待しないようにしていました。

お声がかかって11日後面会していただき、いろいろとお話をしました。そしてブルテリアに対するご理解といい、勝太くんの反応といい、とてもいいもので期待せずにはいられないほどよい感触でした。

以前にもスタンダードブルテリアを飼っておられ、スイッチが入ると攻撃性が出てご苦労なさったようですが、晩年は病気との戦いの日々のようでした。連れて歩くには気を使って大変な性格なのに、旅行にも一緒に連れて行きこの大変さをどこか楽しんでおられるように見受けられました。私もそうですが、ブルテリア飼いってそんなもんかもっていうか、そんな性格なら、そうなるしかない!?

そんなご家族であることがわかったかのように、勝太くんときたら私の側には寄り付かず、お二人の側をシッポをブンブン振って付いてまわっていました。あげくの果てにちゃっかりとお二人の間にちょこんとお座りしているではありませんか!ご家族もまた勝太くんを気に入ってくださいました。

でも、すぐにトライアルに入るというわけにはいきません。

運良く先住犬のお世話ですぐに向かい入れることができないということもあり、週に1回2時間の触れ合いを3回、勝太くんと新しいご家族が戸惑わないように扱い方を学んで頂きました。

何をされても何でも平気な犬もいれば、苦手なことが多い犬もいます。人間の要求を全て無理矢理に押し付けて人間に合わせられるようにすることも安全性を考えれば必要なことかもしれませんが、なかなか受け入れることのできない犬もいます。

受け入れないのであれば、受け入れることや得意なことをやらせて褒めて良い関係作りをおこなってから、次に受け入れる雰囲気作りや場所を見つけてそこで、弱い刺激から少しずつ刺激を強くして受け入れられるように時間をかけてじっくりとおこない、できるように育てていくことも必要だと思います。

人間社会には、犬にしてみれば必要のないことや怖いこと理解できないことがたくさんあります。

犬に会って1~2週間で 「今日から俺がお前の飼い主だから尊敬しろ!信頼しろ!」 「これを覚えてもらわないと困るから覚えろ!」と言っても無理な話なのに、できないからといっていろんな道具に頼ることも可哀想な気がします。

専門的な道具はたくさん売られていますが、私は道具に頼ることはあまり好きではありません。まずは、1対1で向き合い犬が振り返って見てくれるような関係を時間をかけて作り、次に人間社会で生きていくためのルールを1つ1つ教えていって欲しいと思います。

全ての犬がそうとは限りませんが、そうすれば噛み付く犬も少しずつ噛み付くことの必要性がないことに気付いてくれると思います。


kinosita2.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。