スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚油

青魚に多く含まれるEPAやDHAは、認知症や心臓、腎臓、皮膚ケアに良いと言われていますが、関節炎の炎症も和らげてくれます。また、癌の時にも欠かせないものとなります。

以前は、αーリノレン酸(オメガ3)である植物性の亜麻仁油やしそ油などがいいとされていましたが、犬や猫の体内ではαーリノレン酸から活性型のEPAやDHAに変換する力がほとんどないことがわかり、今は効果を期待するのであれば、植物油よりも魚油の方がいいとされています。

癌細胞は、糖質、たんぱく質、脂質をエネルギー源として増殖していくので、食べても食べても体がやせていってしまいますが、オメガ3脂肪酸は癌細胞がエネルギー源として利用しにくい形となります。
そこで、蘭のエネルギー源となるように、魚油を購入しました。

Image329-1.jpg

ドーンと946mlです。

サーモンの魚油もありますが、これはイワシです。
最近、サーモンを与えると軟便になることがあったのでこれにしました。

αーリノレン酸は必須脂肪酸なので、特別な効果を期待するのでなければ、植物性でもいいのですし、青魚にアレルギーがある場合にはサーモンの方がいいと思います。

酸化しやすい油なので、大型犬や多頭飼いでなければ、1粒ずつのカプセルに入ったものがおすすめです。
小型犬や中型犬ならボトルだとしてもも250~300mlのもので十分なので、普通はこんな大きいものは使わないし、なかなか売っていません。

自分で探しても見つけられなかったので、sipponaで一緒に活動している人に駒沢でペットグッズショップをやっている人がいるので、相談してみたところ見つけてくれました。

健康体で普通に与えるなら蘭の体重で1日7CCくらいですが、癌の場合は5~10倍与えなくていけないので、35CC~70CCになります。
5倍で与えたとしても1ヶ月もたい!


「ブルーブルーブルー」というお店で、小型犬用のお洋服やリードなどのオリジナルデザイン商品やサプリメントなどを販売していますので、お近くの方はぜひのぞいてみてください。
http://www.blue-bleu-bleue.jp/
関連記事
スポンサーサイト

コメント

とても勉強になります。
魚食にはさまざまなメリットがあるんですね。
オメガ3脂肪酸は癌細胞がエネルギー源として利用しにくい…なるほど!

生いわしをお送りしたくて市場へいってますが、なぜか行く日に限ってないんです。漁師の方にお聞きしたら陸揚げは年中あるそうなので、ちょっと待ってて下さいね。

美香さんへ

いつもお気づかいありがとうございます。
なかなか手が回らないのですが、石鹸作ったら送りますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。