スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とても元気

この数日間とても元気に過ごしています。

シクロホスファミド(エンドキサン)の副作用である出血性膀胱炎は、今のところ回避できています。
膀胱炎とはいっても細菌性の膀胱炎ではないので、クランベリーでの対応はできませんが水分補給で排泄の回数を増やすことでうまくいっているようです。

ステロイドの影響なんでしょう、水をたくさん飲み食欲も旺盛で、食事の時自分のごはんをすぐに食べ終えて、人が食べていると「ワンワン」と甲高い声で催促が始まります。健康な時以上の食欲です。
痩せてしまうので食欲のある時にたくさん食べさせたいところですが、下痢をされては元も子もないので、慎重になってしまいます。

病気になると甘くなってしまいますね。しつけはどこへやら!
でも、寝ているところを触っても、突然抱っこしても以前のように「ウ~~」なんていわないからよしとしてます。

ごはんの量は今までの1.5倍にして脂質を多くしていますが、癌に栄養を持っていかれてしまうようで太りにくく、改めてこんなに元気だけど「体は癌に侵されている」ことを再認識させられました。

でも、見た目に元気だと気分も軽く、お散歩も1時間程度行ける状態です。

Image310.jpg

Image311-1.jpg

とはいうものの、以前のように機敏ではないし、寝ている時間も増え眠りも深くなっています。
薬の副作用によるものかもしれませんが、年齢からくるものと思えばさほど気になるものでもない程度です。

小さい時は皮膚疾患で大変でしたが、今まで病気らしい病気もならず元気に過ごしてきただけに15~16歳までいけるような期待が大きくショックでしたが、若いのに癌になってしまう子もいるので、それを思えば仕方のないことなのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

この調子でどうか乗り切っていく事ができますように!
一時間も気持よくお散歩できればきっと蘭ちゃんも気分爽快ですね。
歳相応で無理せず、もう、甘くていいじゃん、しつけとか。。。唸りや噛みつき
が無ければ。大らかに行きましょう。 蘭ちゃんの事もしーたの事も
安心できると、私は又体重が元にもどりそうです~。

ぶー母さんへ

回を重ねるとどうなるか先は見えませんが、何とか乗り切りたいですね。
私もこの件で痩せてしまい、出ていたお腹の栄養を稚魚のように使って、あがらなかったズボンのファスナーが閉まるようになりました。ちょっと嬉しかったりして・・・

蘭ちゃん、治療がんばってますね。
「今日はこれなの?」って感じで、思ってるかな…

かりんが最初で最後のオフ会的な集まりで、
一番気に入った、蘭ちゃん。
同じ年で同じ病気になってしまったなぁ…
人ごとではないですよ。

かりんが病気になってから、
いつもより密にいっしょにいたから、
よけいにわかり合えました。

食欲が無くなってきたときに、ブレンダーでペーストにしました。
中を見てびっくりしたかりんは、入れ物を2度見してましたよ。
笑える、おとぼけな事もたくさんありました。

治療の内容はちょっと難しくてわからないけど、
「楽しい気分」って、病気の悪い細胞を減らすと信じています!
ラスを迎えにいったときに見た、
植木のゆっくり歩きとか、
おいしいもの、おさんぽとか、
いつもの蘭ちゃんがたくさん過ごせればクスリの効果と重なって
いい方にいくと思います。
毎日「蘭ちゃん、ブリンドルさん」って、思ってますよ~

misawo さんへ

misawoさんありがとうございます。
かりんちゃんも11歳の時だったんですね。
いつもと違うドロドロごはんにびっくり顔、何だか目に浮かびます。
蘭にとってもあの大集合が最初で最後になるかな。
私がかりんちゃんに一目ぼれで追いかけていたけど、
かりんちゃんは蘭のことばかりで、私とは遊んでくれなかったんだよね~
元気にリードをグイグイ引っ張ってましたね。
懐かしいな~
同じ病気になっちゃうなんてね・・・
病気が分かった時、いろいろとお聞きしたいと思ったのですが、
何とお話したらいいのかわからずご連絡できませんでした。
でも、今は元気にいつもの生活を時間が許す限り続けようと思ってます。

小康状態が続いているようで何よりです。
お散歩も1時間行けるなんてすごい!
ガン治療って、てっきり食欲がなくなるって思ってたんですが…。
薬の副作用で食欲が過剰になることもあるんですね。
新しい知識を下さってありがとうございます。
たくさん食べさせたい、でも下痢で体力を失ってしまってはのジレンマ、つらいですね。
お腹をこわすことがなければ、好きなだけ食べさせてあげたいのに。

美香さんへ

抗がん剤のイメージって、私も激しい副作用で身動きもできないものと思っていました。
それも人間の場合のテレビによるもので。
でも、実際にやってみると、幸いなことに今のところ元気に普通の生活を送っています。
ただ、今後回を重ねればどうなるかはわからないので、気は抜けませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。